気持ちよく新年を迎えるために、消耗品を新しいものに取り換える方も多いと思います。

その代表的な存在と言えば、「歯ブラシ」ではないでしょうか?

歯ブラシ

ぜひ、新しい歯ブラシに交換して、気持ちよく新年を迎えましょう!

そして、せっかくですから、来年は歯ブラシを1ヶ月に1度は交換するようにしてください。

%e3%81%8d%e3%82%8c%e3%81%84%e3%81%aa%e6%ad%af%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7

 

実は、歯ブラシにも適切な交換時期というものがあります

そもそも歯ブラシは、毛の弾力性によって歯の表面にこびりついた汚れ、特にプラーク(歯垢)を落とす道具です。

その力を十分に発揮してもらうためには、毛先の開いていない歯ブラシを使うことがとても大切です。

歯ブラシの交換時期

歯ブラシの毛先が開いてしまうと・・・

1.歯の表面にきちんと毛先が当たらない(つまり、プラーク(歯垢)が落とせない)

2.歯ぐきを傷つけてしまう

3.歯ブラシ自体に細菌が繁殖してしまう

など、たくさんのデメリットがあります。

特に、清掃効果の低下は著しいものがあります。

歯ブラシの毛先がひらいてしまっていては、せっかく丹念にブラッシングしてもみがいているようでみがけていないことが多くなります。

歯みがきはしていても、むし歯や歯周病になってしまうこともあります。。。

毛先が開いてしまったら、必ず歯ブラシを交換してください!

また、歯ブラシの毛先は少しずつすり減っていき、汚れを落とす力は1ヶ月で50%程度になってしまうとも言われます。

ですから、何も問題ないように見える歯ブラシでも1ヶ月に1度は交換しましょう

「毎月1日に変える」と決めておけば、ずっと清掃効果の高い歯ブラシを使っていくことができるようになります。

歯みがき指導

新しい年が始まるから変えるのではなく、毎月1日になったら変えるという新しい習慣をおススメします!

投稿者プロフィール

中野真しんファミリー歯科 院長
2015年5月、名古屋市中区千代田に『しんファミリー歯科』を開院。
「ご家族皆さんで通えるアットホームな歯科医院」を目指して奮闘中!