5月15日は「ヨーグルトの日」です!

1907年にヨーグルトを「健康のため毎日の食卓に欠かせないもの」と世界中の人々に紹介した、ノーベル賞受賞者でロシア出身の免疫学者E・メチニコフ博士の誕生日にちなみ、明治乳業(現:明治ホールディングス)が制定しました。

人の老化について研究していたメチニコフ博士は、ブルガリアのすもーリアン地方に80歳から100歳さえも越える高齢者が多く、彼らがヨーグルトを常食としていることに着目しました。

このことから、メチニコフ博士はヨーグルトを「不老不死の妙薬」と発表したのだそうです。

当時は、欧米文化圏ではよく知られていなかったヨーグルトが、その後世界中で広まったのは、メチニコフ博士の提唱がキッカケと言われています。

日本でも、ヨーグルトはすっかりおなじみの食べ物ですよね!

「不老不死の妙薬」と言えるかどうかは別として、ヨーグルトに含まれる栄養分を効率的に摂取するポイントは、ホエー(乳清)です。

ホエーとは、食べ残しやスプーンですくった際にヨーグルトの上に浮いている水分のことです。

もしかすると、普段は捨ててしまっているという方も多いのでは?

このホエーはヨーグルトの一部で、タンパク質カルシウムなどの栄養分がたくさん含まれています。

ですから、捨てずにヨーグルトと一緒に食べて、ヨーグルトの健康効果を効率的に摂取しましょう!

● 『ヨーグルト』を使ったおススメのレシピ
(クリックすると、レシピにリンクします♪)

ヨーグルトでつくるシーザーサラダ(明治さん)
シーザーサラダ

鶏むね肉のみそヨーグルト漬け(雪印さん)

白身魚のチリトマトヨーグルト煮(レシピ大百科さん)

ヨーグルトティラミス(ダノンジャパンさん)

投稿者プロフィール

中野真しんファミリー歯科 院長
2015年5月、名古屋市中区千代田に『しんファミリー歯科』を開院。
「ご家族皆さんで通えるアットホームな歯科医院」を目指して奮闘中!