夏は、1年の中でも最も紫外線の多い季節です。

キレイに日焼けした小麦色の肌が健康的と言われたのは昔の話。

紫外線は肌の老化を招き、シミ・シワの原因にもなります。

特に最近はオゾン層の破壊が各所で確認され、より強く紫外線が降り注ぎ、皮膚がんのリスクも高くなる傾向にあります。

そんな紫外線から身を守る工夫が必要とされています。

今回は、紫外線対策について一緒に確認していきましょう!

対策1)日焼け止め

日焼け止めには、乳液タイプとスプレータイプがあります。

乳液タイプは効果の持続時間が長いので、長時間屋外にいるときに使用すると良いでしょう。

スプレータイプは効果の持続時間は短いですが、お手軽なので、ちょっとした外出や日頃のケアに向いています。

日焼け止め効果のレベルは、「SPF」と「PA」という形で表記されています。

SPFは数字が大きいほど(最高値は50で、50を超えると50+と表記される)、PAは+の数が多いほど(PA+++が最高値)、日焼け止め効果のレベルが高くなります。

対策2)帽子の着用

意外にも、帽子はかなり効果的で、つばの大きい帽子のほうがより効果が高いです。

つばが7cm以上のキャップは、顔に浴びる紫外線の60%をカットするそうですよ。

対策3)色の濃い服を着る

色の濃い服ほど紫外線を通しません。服に限らず、日傘やビーチパラソルなども、色の濃いほうが紫外線対策には効果的です。

ただ、色の濃い服は熱も吸収してしまうので、夏場には不向きかも知れませんが…

対策4)サングラスを着用

目の紫外線対策にはサングラスです。

実は目も紫外線によって日焼けします。

目が強い紫外線にさらされていると、しばらくの間目が痛くなり、目が見えにくくなります。

紫外線が白内障の原因のひとつと指摘する研究もありますので、サングラスで目を守りましょう。