涼しくなってくると、いよいよ食欲の秋!

秋の味覚がたくさんで、食欲が出てくると気になってくるのが食べ過ぎ&体重増加ですね。

そのような時におすすめなのがウォーキングです!

ウォーキングのメリット

●誰でもお手軽に始められる
●日頃使っていない部分の筋肉を動かし、全身の血流がよくなる
●リズミカルに動き汗をかくことによって、カラダも気持ちも前向きになれる

 

ウォーキングを始める前にカラダチェックしよう!

実際歩き始めようとするとカラダが上手く働かないことがあります。

ウォーキングを始めて、張り切り過ぎ、腰や膝を痛めてしまっては元も子もありません。

そうならないために、必ず準備体操をしましょう

ラジオ体操くらいの準備体操ができれば十分ですが、せめて手足の筋肉を伸び縮みや、手足首を回転させて、緊張しているカラダをほぐしてあげましょう。

 

ウォーキングのコツ

ウォーキングは有酸素運動

有酸素運動を行うことにより、全身の持久力向上に役立ち、体内の糖代謝や脂肪代謝の改善など生活習慣病の予防や治療に役立ちます。

脂肪が燃え始めるのは運動を始めてから30分くらい経ってからです。

30分以上は休まず止まらず歩き続けて有酸素運動の効果が現れるように心がけて歩きましょう。

自分に合った歩行速度~リズミカルに歩こう~

理想の歩幅は広めの歩幅です。狭い歩幅では、あまり運動効果が期待できません。

歩く速度は鼻歌が歌えるくらい、もしくはおしゃべりができるぐらいの呼吸に余裕がある速さが理想です。

普段歩く速さより少し早めで歩き、十分体内に酸素を取り込めて脂肪を燃焼させるのに十分な速さです。

そのように歩いていくうちに、だんだん自分の歩幅にあった速さでリズミカルに歩けるようになっていきます。

歩くコースを考え、レッツトライ!!

基本的に最初は30分で帰ってこれる距離にしましょう。

30分の距離が軽く歩けるようになったら、距離を伸ばしたり違うコースにするなど変化をつけていく事がマンネリ対策には欠かせません!

ウォーキングは継続することが大事です

ただ、三日坊主でも、三日坊主を続けていけば自然と習慣になります。一度三日坊主になったからといって、諦めず自分のカラダが慣れるまで続けましょう。

投稿者プロフィール

中野真しんファミリー歯科 院長
2015年5月、名古屋市中区千代田に『しんファミリー歯科』を開院。
「ご家族皆さんで通えるアットホームな歯科医院」を目指して奮闘中!