近年の夏は本当に暑いです・・・

「猛暑」「酷暑」と表現される日も多く、『夏バテ』に悩まされる方も多いかもしれません。

今回は、夏バテ予防に効果的な食べ物について、一緒に考えてみたいと思います。

医食同源という言葉がありますが、とっても暑くて食べることも嫌になりそうな時期だからこそ、『食べ物』に気をつけて、厳しい暑さを乗り切りましょう!

● ビタミンBとクエン酸

夏バテの解消法として有効と言われているのが、

ビタミンB1
ビタミンB2
クエン酸

です。

暑い夏にはどうしても食欲が落ちて、冷たいそうめんやざるソバ、冷やし中華などの炭水化物に偏りがちです。

炭水化物そのものは人間のエネルギー源ですから、体力が落ちている夏バテには有効な食べ物です。

しかしながら、炭水化物だけを食べていてもエネルギーには変わらないので、本当の意味での夏バテ対策にはなりません。

炭水化物の消化に必要なものが、ビタミンB1・B2、クエン酸なのです。

言い換えると、ビタミンB1・B2やクエン酸がなければ、いくらエネルギーの源になる炭水化物を摂っても、エネルギーには変わりません。

それどころか、疲労物質の元になる乳酸や脂肪のもととなってしまい、かえって疲れをためてしまうことにもなりかねません・・・

夏バテ予防のためには、ビタミンB1・B2とクエン酸をしっかりとって、疲れの原因となる乳酸をどんどん消費して、エネルギーに代えていきましょう!

【ビタミンB1・B2を豊富に含む食品】

豚肉(特にモモ肉、ヒレ肉)、レバー、枝豆、納豆、豆腐、玄米、うなぎ、いわし、ゆず

【クエン酸を豊富に含む食品】

酢、ゆず、グレープフルーツ、レモン、梅干

● おススメのレシピ

夏バテ予防に効果的なレシピをいくつかご紹介しますね☆
(クリックすると、レシピにリンクします♪)

豚のネギ塩レモン炒め

夏野菜カレー

かんたん酢鶏

肉味噌ジャージャー麺

レモンサワードリンク

  

投稿者プロフィール

中野真しんファミリー歯科 院長
2015年5月、名古屋市中区千代田に『しんファミリー歯科』を開院。
「ご家族皆さんで通えるアットホームな歯科医院」を目指して奮闘中!