暑くなってくると、ついつい冷たいものに手が伸びますね。

キンキンに冷えたビールをキューーーッと。

食欲もそうわかず、さっぱりしたものが食べたくなり、そうめんなどで食事を済ませてしまうことも…

ビール ジョッキ

それも「夏の風物詩」と言いたいところですが、実はこの冷たい飲み物や食べ物が胃腸の不調、そして夏バテに関わっています。

冷たい飲み物や食べ物を多く摂取すると、胃液が薄まり、胃腸や内蔵が冷えます。

内蔵が冷えると、消化吸収能力が落ちるので、食欲がなくなり、免疫力なども落ちてしまいます。

こんなことが続いてしまうと、身体は栄養を吸収できなくなり、夏バテになってしまうのです。

夏バテ

そんな胃腸の疲れに追い打ちをかけるように、冷房が効いた室内と暑い室外との気温差が体力を消耗させます。

節電が推奨されていますが、冷房設定温度が低めのオフィスもまだまだ多いと聞きます。

そもそも、人間の体温は36~37度、身体の表面温度は25~26度で、汗をかき、その蒸発時に身体を冷やして体温調節をしています。

逆に、身体を冷やそうと冷房を強くすると、身体の表面温度が下がり過ぎて、身体は汗をかくのをやめ、熱を逃がさないように調節します。

冷えだけでなく、この体温コントロールの繰り返しが、体力を消耗させているのです。

熱いお茶で冷えを防ごう!

昔から「暑いときこそ、熱いお茶が良い」と言われます。

お茶

余計に熱くなりそう・・・と敬遠されがちですが、実は暑いときに熱いものを摂ることは身体に良いのです。

熱いものを摂ると、熱を下げようと汗をかきます。

汗の蒸発によって熱が奪われるので、結果として身体が冷やされます。

内臓を冷やす心配がないどころか、むしろ内臓を温めて臓器の活動を活発にし、むくみの解消や疲労回復に役立ちます。

インドカレー

熱いものを摂って内臓を温めるという意味では、もちろん日本茶以外でもOKです!

実は、インドのカレーや東南アジアのスパイシーな料理など、実は暑い地域ほど熱い料理が好んで食べられています。

身体の仕組みでは、そのほうが理にかなっているということなのかも知れませんね。

暑い時期に食べたい熱いもの おススメのレシピ

おいしいお茶の入れ方(煎茶・日本茶・新茶) <Youtubeさん>
お茶の入れ方

おいしいストレートホットティーの入れ方<リプトンさん>
ホットティー

おいしいコーヒーの入れ方(基本編) <Youtubeさん>
コーヒーの入れ方

具だくさん!簡単スタミナ豚汁 <クックパッドさん>
スタミナ豚汁

酸辣湯(酸っぱ辛いスープ)<味の素さん>
酸辣湯

残ったカレーをリメイク!焼きカレーパスタ<クックパッドさん>
焼きカレーパスタ

投稿者プロフィール

中野真しんファミリー歯科 院長
2015年5月、名古屋市中区千代田に『しんファミリー歯科』を開院。
「ご家族皆さんで通えるアットホームな歯科医院」を目指して奮闘中!