にっこり笑った顔に白い歯がキラリ☆

年代・性別を問わず、健康的な白い歯は相手にさわやかな印象を与えます。

ですから、口元の美しさを気にかけている方も多いと思いますが、「毎日きちんと歯をみがいているのに、鏡で見ると歯の色がくすんでいたり、黄ばんでいるように感じる」ことはありませんか?

このような着色(変色)の原因は、大きく分けて2つ考えられます。

1)飲食物によるもの

歯の表面にステインと呼ばれる着色性の汚れが付着して起こるケース。

緑茶、コーヒー、紅茶、赤ワイン、チョコレート、カレーなど色の濃い飲食物に含まれる色素やたばこのヤニが原因となっています。

ステインを取り除くには、こまめな歯みがきが一番ですが、外出先などでは食後やコーヒーを飲んだ後にミネラルウォーターで口をすすぐだけでも効果があります。

2)歯の内部からの変色によるもの

歯の内部が変色し、その色が表面に透けて見えているケース。

抗生物質の副作用歯の神経を取った後の時間の経過によるものが主な原因です。

加齢歯の外傷などが原因となる場合もあります。

どちらのケースにも言えることは、歯を白くするためには、歯科医院で相談するのがベストだということ。

「歯の美白効果」など、「歯を白くする」という効能をうたっている市販の歯みがき粉もたくさんありますが、これらの原因に対処できる歯みがき粉というわけではありません

また、チカラを入れてゴシゴシ歯をみがけば…なんて考えは最もキケンで、逆に歯ぐきなどを傷めてしまうリスクが大きくなります。

着色汚れはご自身で取ろうとせずに、歯科医院でご相談くださいね。

投稿者プロフィール

中野真しんファミリー歯科 院長
2015年5月、名古屋市中区千代田に『しんファミリー歯科』を開院。
「ご家族皆さんで通えるアットホームな歯科医院」を目指して奮闘中!