口内炎で悩まされた経験は、どなたにもあると思います。

kounaien

食事中に誤って口の中を噛んでしまった。
体力の低下ビタミン不足
仕事のストレス

これらの要素は、すべて口内炎の原因となります。

他にも、

ウィルスが原因のヘルペス性口内炎。
カビ(真菌)が原因となるカンジダ性口内炎。
特定の食物による食物アレルギーが原因の口内炎。

このような口内炎もあります。

歯とお口の関係でちょっと気になるのは、『カタル性口内炎』と呼ばれるものです。

これは、むし歯や歯周病などでお口の中の衛生状態が良くないときや、入れ歯や矯正器具・歯の詰め物などがお口の粘膜に何らかの刺激を与えたときにできると言われています。

musiba_baikin

治療法としては、抗生物質の入った口腔内用の軟膏を塗布し、ぬるま湯などでお口の中を清潔に保つようにします。

また、入れ歯や矯正器具が原因の場合には不具合のある部分を改善し、むし歯や歯周病などのトラブルが原因の場合には治療をするなど、歯科治療を行うことでも症状は改善していきます。

baikin_taiji

お口の中を傷つけてしまうという意味では、毎日の歯みがきにおける歯ブラシの使い方にも気をつけておきましょう。

歯ブラシのヘッドが大きすぎたり、ブラッシングの力が入り過ぎていれば、お口の中を傷つけてしまうリスクは高くなります。

歯ブラシはペンを持つように握り、力を入れすぎずにやさしくみがくように気をつけましょう!

pen_glip

もし繰り返し口内炎ができてしまったり、症状が長引いたりする場合には、診察を受けることをオススメします。

投稿者プロフィール

中野真しんファミリー歯科 院長
2015年5月、名古屋市中区千代田に『しんファミリー歯科』を開院。
「ご家族皆さんで通えるアットホームな歯科医院」を目指して奮闘中!